ロゴ
HOME>イチオシ情報>ZEH住宅で住み良い環境づくり【家計の負担を軽減する秘訣】

ZEH住宅で住み良い環境づくり【家計の負担を軽減する秘訣】

男性作業員

ZEH住宅とは?

省エネ性を意識した住宅をゼロエネルギーハウスと呼び、その頭文字を取ったZEH住宅というキーワードが、新築住宅の購入を考える方々から注目されています。消費するエネルギーと生産するエネルギーが、プラスマイナスでゼロになるのがZEH住宅の特徴で、太陽光発電システムを利用している住宅が多いです。何十年も同じ住宅で生活する事になるので、なるべく光熱費を抑えながら生活したいと考える方々が、ZEH住宅を購入しています。省エネ設計の住宅にする事によって、高額の補助金が支給される場合もありますから、補助金について調べてから予算を決めてください。補助金に関する情報を調べてみるだけで、大型の太陽光発電パネルを設置できるほど金銭的に余裕がある事が分かるかもしれません。

家の模型

太陽光発電システムを導入して電力を蓄えよう

電気代を節約するために、ZEH住宅に太陽光発電パネルを設置しようか迷っているのなら、一緒に蓄電池を導入してください。太陽光発電パネルを利用して発電された電力は、そのまま家電を動かすために使われるだけでなく、蓄電池で一時的に電気を蓄える事もできます。蓄電池を設置する際にも補助金がもらえる場合もあり、お金を節約しながらZEH住宅を建築できると、日本全国で話題になっています。一昔前と比べて太陽光発電パネルの性能も上がっており、短時間しか日光が出ていない日であっても、一定の電力を発電できるようになりました。ZEH住宅で生活しようか迷っているのなら、まずは太陽光発電パネルの性能を比較しておくと、より安定した電力を確保しやすくなります。